文系出身者や女性の方(電気通信主任技術者)

サイトマップ

伝送交換 勝つための講習会

電気通信主任技術者に合格しようぜ

■文系出身者や女性の方(伝送交換・線路)
系出身者や女性の方が、なぜか電気通信主任技術者を取得しなければならない。
そのような不思議な状況がよく見られます。

しかも割と多く見られます。

女性と言っても、もともと理系出身でスラスラ理解できる人もいるのですが、

そういった理系女子の方は、そもそもこのページを見ていないと思います。

従ってここでは、物理も数学も文字通り「サッパリ」な女性を対象としています。



文系出身者や女性の方が、なぜ電気通信主任技術者といったニッチな専門分野に足を踏み入れたのか。

そのような背景・経緯には特に触れませんが、

どのような背景・経緯があるにせよ、全員一律の国家試験で合格しなければなりません。

文系出身だからという理由で、少しおまけをしてくれるようなことは絶対にありません。

全員が同じ条件で戦います。

キャッチボールすらしたことのない人が、突然マウンドに上がって、

現役バリバリの打者と対戦するのです。

どう考えても勝ち目はありません。

つまり、最初から文系出身者や女性の方は不利な戦いを強いられているのです。

では、この不利な状況を打開して、少しでも合格に近づくにはどうすれば良いのでしょうか。

勉強時間を倍にする・・・

無理です、勉強時間を倍にしても、わからないものは永久にわからないままです。

より厚い参考書を購入する・・・

逆効果です。厚い参考書はモチベーションを下げます。不慣れな方は薄い方が好ましいです。

そうです、

勉強は量ではないのです。

電気通信主任技術者の勉強のコツは、量ではありません

また、根性や気合でもありません。

では、文系出身者や女性が電気通信主任技術者を勝ち取る手段はないのでしょうか。

はい、ありません。

ありませんと言うのは短絡的すぎる表現ですが、
本的に「独学では」極めて困難と言わざるを得ないでしょう。
参考書は、ある程度の知識がある人を対象にしています。

オームの法則すらわからない人に、手取り足取り優しい口調では書かれていません。

つまり基礎知識が不足している人が、それを抜きに電通工学に取り掛かっても無駄です。

いずれ独学を中心に勉強を進めてゆくにしても、

「しっかりとした基礎固め」をしないと何も始まりません。

そうです。

電通工学の勉強に取り掛かる前に、まずは物理や数学の基礎を押さえましょう。

いやいや、

次回の電気通信主任技術者の試験に既に申込みをしていて、タイムリミットが迫っています。

今から基礎固めをしている余裕などありません。

仕方がありません。

打開策としては・・・

ひとつの例として、

資格セミナーに参加して、合格のためのノウハウを吸収する方法もありますね。

1陸特 集中ゼミ

これまでに文系出身者や女性の方が、どうやって克服していったのか。

限られた時間を効率よく使って、

無駄な勉強を省き、合格に必要なスキルだけを集中的に身に付けましょう。

貴方にピッタリな資格セミナーが見つかる筈です。

決して無理はしないでください。




ここまで色々と遠回しな書き方をしてきましたが、

独学では限界がある以上、実質的に資格セミナーに頼る以外に手段は無いと言えます。

具体的な日程は以下で確認してみましょう。クリックしてお進みください。

伝送交換・救済プログラム

合格のキーワードは「効率」です。

より短い時間で、合格に必要な項目だけを効率よく吸収してゆきましょう。


← サイトトップへ


↑ PAGE TOP